LE MANS 24h 1994 ル・マンに挑んだ日本車 サード・トヨタ 勇者の残り38分

価格: ¥3,080 (税込)
[ポイント還元 154ポイント~]
数量:

レビューはありません

twitter

ル・マンに挑んだ日本車  サード・トヨタ 勇者の残り38分

レギュレーションの変遷期に入った1994年、グループCカーは様々な制約を課せられていた。
その中、トヨタは出場最後の機会として96C-Vをサードとトラストに託した。
ポルシェは1台でも公道走行可能な車両があれば良いとするGT1規定を逆手に取り、962Cをダウアー962LMに仕立て上げル・マンにやってきた。

決勝には48台が出走。ヴェンチュリ、ブガッティ、フェラーリ。
GT2ではホンダNSXが2台、IMSA GTSでは日産300ZX、マツダRX-7がグリッドについた。
争いは予想通り、ポルシェとトヨタの一騎打ちとなった。ダウアーポルシェはトトラブルを起こし日付が変わる頃にはトヨタのワンツーと変わった。
その後トラストはトランスミッションを壊し脱落。しかし変わってトップに立ったサードは快走を続け、 トヨタのル・マン初制覇は確実と思われた。

残り38分、思いもよらなかったシフトリンケージのトラブルが発生。
ロスタイム18分、ダウアーポルシェにその座を奪われ、夢の実現はまたしても叶わなかった。

A Duke ® DVD licensed by the ACO © 2015Cover Photo: SANEI / LAT Photographic

 品番  JANコード  言語  収録時間  画面サイズ  音声
 EM-215  4541799006478  日本語字幕版  58min.  16:9 ピラーボックス  モノラル

関連商品

ページトップへ