euro-p広報室

「ル・マン24時間レース 2014」DVDを観て


「ル・マン24時間レース 2014」DVDの検証盤があがってきたので一足先に拝見しました。
あらためて今年のルマンを振り返ってみると、素直にレースとして面白かったという印象です。

結果だけみればアウディの5連覇、ワンツーフィニッシュでトヨタがかろうじて3位、中嶋一貴はリタイアし、
久しぶりにルマンに戻ってきたポルシェも脱落。
といった具合で、ここ最近のルマンと代わり映えがしない。
でもその中身は、各カテゴリーともに激戦が繰り広げられ非常に見所に溢れたレースとなっています。

LMP1はポルシェの参戦により格段に面白くなりました。
昨年までの2強対決だったら、深夜にトヨタ7号車が止まった時点で勝負は決したはずです、
しかし今年はそこからさらにニ転三転するドラマがありました。
また、各メーカーが三者三様のアプローチで優勝を狙うというモータースポーツ本来の魅力が戻ってきました。
これによって各メーカーの個性がはっきりしてくると、益々面白くなってくるだろうと思わせてくれます。

LMP2は今大会もっとも激戦を繰り広げたカテゴリーでした。
最新のマシンから一昔前のマシンまでが混在する下位カテゴリーですが、
ルマンでは必ずしも最新のマシンが勝つ訳ではない。必要なのは総合力と流れをつかむ運である。
そのことをあらためて認識させられました。

LM GTEの戦いもまた熾烈でした。
DVDにも深夜のデッドヒートの模様など多数収録されていますが、
29回もトップが入れ替わる激闘なんてそうそうあるものではありません。
市販車に近いカテゴリーのため各メーカー力が入っているのでしょう。

というように、スタートからゴールまで見所に溢れたレースだったので、
4時間という長時間の収録にも関わらず一気に観れてしまいました。

正直、少しトヨタの登場回数が少ないかと思う部分もありますが、そういった方にはブルーレイ版をお勧めします。
ブルーレイ版には予選の映像も約1時間収録されるので、トヨタの活躍もたっぷり観れるはずです。

発売は10月10日なので、まだ一月ちょっとありますけど楽しみに待っていてください。

<DVD版>
http://euro-p.com/SHOP/EM-162.html
<ブルーレイ版>
http://euro-p.com/SHOP/EM-163.html

セナを偲んで・・・

本日5月1日は、F1界の英雄「アイルトン・セナ」の命日です。

今年は没後20年ということで書籍や雑誌で多く取り上げられていますね。

ということで我々も少々、セナの活躍を映像とともに振り返ってみようかと思います。

まずは、デビューイヤーの1984

雨のモナコGPで予選13番手からの追い上げで2位フィニッシュ。
自身初の表彰台をもたらした。

1985年、JPSロータスに移籍したセナはポルトガルGPで早くもF1初勝利を挙げる

その様子をレース映像に併せてセナ自らが解説


1986年、エースドライバーへと昇格したセナ

プロスト、マンセル、ピケと激しいチャンピオン争い

1987年、念願のホンダエンジンを獲得

イギリスGPでホンダエンジン1.2.3.4位独占

1988年、マクラーレンへ移籍、自身初のタイトル獲得へ

日本GP最終ラップ、映像に併せて自らの心情を解説


1989年、プロストとの確執が決定的に

日本GPの予選最速オンボード映像を完全収録



1990年、2度目のチャンピオン獲得

2年連続、日本GPでプロストと接触

1991年、開幕4連勝を含むシーズン7勝で3度目のタイトル

日本GPでマンセルとのバトルを制し王座を決める

1992年、ホンダエンジン最後の年

モナコGPでマンセルと激しいバトルを繰り広げた

1993年、カスタマー仕様のフォードエンジンに苦戦を強いられる

最終戦のオーストラリアGPが生涯最後の勝利となった

1994年、ウィリアムズルノーへ移籍

サンマリノGP、セナのラストラップを収録

決して最高の人格者ではなく、

むしろダークな部分を多く持っていた、

にも拘らず英雄として多くのファンを魅了したアイルトン・セナ。

その全161戦すべてを網羅できる唯一のDVDシリーズが、

オフィシャルDVD1980年代総集編」と「1990年代総集編」、

HISTORY OF GRAND PRIXです。

この機会に是非ご覧ください。



HISTORY OF GRAND PRIX 1981-1989

HISTORY OF GRAND PRIX 1990-1998

FIA F1 世界選手権 1980年代総集編 FIA F1 世界選手権 1990年代総集編

ユーロピクチャーズDVDが東京駅に舞い戻る!


「コレクターズ ギャラリー」なるものにユーロピクチャーも参加します。

東京駅で4月15日(火)から21日(月)まで開催の特別催事イベントです。


モニターも用意してもらい、大々的にやりますのでお近くに来られた際には遊びにきて下さい。

詳しくはコチラを



東京駅にF1ショップがあったのもすでに遠い昔のこと・・・。
これをキッカケにまたレース好きが楽しめるお店ができることを願っております。

F1 2013総集編、順調に制作進行中。

すごい!Fの空気感まで段違い!

スーパースロー

ハイビジョンカメラがグレードアップされ、スーパースローモーションが追加されています。

多分ですが、最新のソニーかREDというカメラでしょう。

1秒間に240フレーム!(通常は30フレーム)のハイビジョン映像と思われます。

F1マシンの動き、ドライバー、クルーの動きなどレースではゾクゾクするくらいの映像がたくさん出てきます。

Fの裏側もバッチリです。

ウェーバー

タイア問題、チームメイト同士の確執、などなど・・・

ベッテル/ウェバー、バトン/ペレス、さらにアイスマン、ライコネンのコメントが秀逸ですね。

メインアクターだけでなく脇役達もやってくれています。ここまで追いかけるのはさすがです。

レースをさらに面白くする話題が、細かく丁寧に収録されています。

Vファイナルイヤーはドラマ、ドラマで面白い!

レッドブル

ベッテルの4連覇となった2013年。

毎年以上にTVでは見ることのなかった映像がいっぱい出てきます。

F1は世界最高峰のモーターレーシングであるとともに、人間ドラマなのだと納得する内容です。

DVDの発売まであと1ヵ月! 乞うご期待!!

年末年始出荷スケジュールのお知らせ

いろいろあった2011年ですが、はやいものであと数日を残すのみとなりました。

さて、誠に勝手ながら、12/29(木)~1/5(水)の期間、出荷をお休みさせていただきます。
2011年のF1総集編が発売になったばかりで心苦しいのですが、何卒ご了承ください。

なお、出荷休止期間内でもオンラインでの受注はお受けしております。
1/5以降より順次出荷致しますのでご利用下さい。

それでは、来年もまた宜しくお願い申し上げます。
良いお年をお迎え下さい。

義援金の振込が完了致しました。

先月開催致しました、

「東日本大震災 チャリティーセール」の売上、

「DVD471枚 1,412,885円」 を昨日、

日本赤十字社に義援金として寄贈致しました。

ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

この義援金が少しでも被災者の皆様に役立つことを願うとともに、

被災地の一日も早い復興を心から祈念致します。

正直、始める前は色々と不安に感じたこともございましたが、

多くの方々にご賛同の声を頂き、本当に勇気づけられました。

我々の活動など、全体からみれば微々たるものかもしれませんが、

少しでも役に立てるよう、今後もアイデアを練っていきます。

その時にはまた、皆様のご協力をお願い致します。

ユーロ・ピクチャーズ

チャリティーセール終了

本日をもちまして「東日本大震災 チャリティーセール」を終了致します。

ご購入頂いた皆様、本当にありがとうございました。

ご希望の品が売切で買えなかった皆様、大変申し訳ございませんでした。

思うところは色々ありますが、ひとまずチャリティーセールは終了と致します。

このお金が有意義に使われることを切に願います。

また、結果については集計後あらためてご報告いたします。

さて、チャリティーセールは終了致しますが、

復興プロジェクトはまだまだ終わりにする気はございません。

形を変えて、継続的に支援していけるようアイデアを練っておりますので、

みんながまた、笑顔でモータースポーツを観られるようになる、

その時まで引き続き御協力をお願い致します。

新年のご挨拶を申し上げます。

迎春
謹んで新年のお慶びを申し上げます
旧年中は格別のお引立てを賜わり厚くお礼申し上げます。
本年もより一層尽力してまいりたいと存じておりますので、
何卒昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

さて、本年第一弾の新作DVDのプロモーション映像が完成致しております。是非下記よりご覧になって下さい。

2010 FIA 世界ツーリングカー選手権 総集編

1月29日発売
2010 FIA 世界ツーリングカー選手権 総集編
3,990円(税込)
http://www.euro-p.com/SHOP/EM-121.html

2010 F1総集編 入荷!

本日、待望の「2010 FIA F1世界選手権 総集編」が入荷しました。

これから最終チェックにはいります。
皆さんより一足先に、拝見しま~す。

今年は見所が満載なので楽しみです♪♪♪

裏面はこんな感じです。。。

ピーター ウォー氏 死去!

1970年代~80年代、チーム ロータスの監督などで活躍したピーター・ウォー氏が先日72歳で亡くなりました。

ウォー氏は、69年から76年末までロータスでチームを指揮し、72年にはエマーソン・フィッティバルディが最年少ワールドチャンピオンを獲得した。
その後、新興チーム ウルフを指揮しチーム1年目にしてシーズン終盤までタイトル争いに絡んだ。

また、若い頃はレーサーとしても活躍し、第1回日本GPの優勝者としても知られている。

昨年、鈴鹿サーキットのリニューアルイベントで来日し、元気な姿を見せていただけに非常に残念な気持ちになりました。

ピーター ウォー 画像 ピーター ウォー 画像
コリン・チャップマンとピーター・ウォー

-------------------------------
【関連商品】

F1世界選手権1972年総集編  JPS LOTUS 栄光の軌跡 BLACK BEAUTY 1973 SEASON

ページトップへ