1981 ル・マン24時間耐久レース 総集編

価格: ¥3,024 (税込)
[ポイント還元 151ポイント~]
数量:
twitter

Cカー前夜 / 新時代への胎動

翌年1982年から「グループC」カテゴリーの導入が決まり、その先取りとして1981年ル・マンではグループ6 3L規制が廃止となった。 その結果、第49回ル・マン24時間耐久レースの開催されるサルテサーキットには、例年以上の多種多様なマシンが集った。
連覇を狙うロンドーのM379をはじめ、BMW M1、ランチア・ベータ・モンテカルロ、シボレー・カマロ、ド・キャドネ、ACR、WM、そしてポルシェワークスも復帰。 インディカー用の2.65Lエンジンを積んだ936/81を2台エントリーさせた。 その他プライベーターから908、935、917と多彩な車種が勢揃いした。 また日本からも童夢 RL81とマツダRX-7が決勝を走る。
レースは、J.イクス/D.ベルが駆るワークスポルシェがノートラブルで勝利。 2位に14周という大差をつけての圧勝劇となった。 イクスはル・マン最多勝利記録を更新する5勝目を挙げた。

片面1層ディスク 収録時間:48min. 完全日本語版

関連商品

ページトップへ