1992 LE MANS 24時間 ル・マンに挑んだ日本車/トヨタ、プジョー最強のV10対決

価格: ¥4,104 (税込)
[ポイント還元 205ポイント~]
数量:

レビューはありません

twitter

3.5リッターNAエンジンによる頂上決戦となった1992年。プジョーは905を3台投入してきた。プジョーのライバルとなったのはトヨタ。T.サウスゲートが設計に加わったTS010を同じく3台エントリーさせた。SWC第1戦モンツァではトヨタ。2戦目シルバーストンではプジョー。1勝1敗でル・マンの大一番を迎えていた。

決勝は雨の中のスタートとなった。飛び出したのはプジョー2台。トヨタはグッドイヤーのレインタイヤが機能せず、ペースは上がらない。
その中、6周目にはマツダMX-R01がトップを奪う。(ジャドV10を耐久用に改良し、TWR製のシャーシに搭載していた)
2時間目、再びプジョーがトップを奪い返し、ナイトランに入っていった。

2日目の朝6時過ぎ、関谷/ラファネル/アチソン組のトヨタが2位に浮上。はるか先をいくプジョーを追いかけていく。しかし2時間目から首位を走り続けるプジョーは6周の差をつけチェッカーを受けた。関谷は日本人として過去最高の2位入賞を果たした。前年優勝のマツダは4位。5位にはトラストのトヨタ。旧グループCカークラスを制した。

完全日本語版/収録時間:90分/片面1層ディスク/NTSC/COLOR/MPEG2/4:3/ステレオ

関連商品

ページトップへ