F1世界選手権1972年総集編

価格: ¥3,024 (税込)
[ポイント還元 151ポイント~]
数量:

レビューはありません

twitter

JPSロータス、衝撃的な登場がF1の未来を明らかなものとした。

1972年、黒い稲妻がグランプリを席巻する。鬼才、チャップマンはブラジルの新星 フィッティパルディを得てJPSロータスとして再び栄光の時を得た。スチュアートは体調を崩し連覇ならず、マクラーレン、フェラーリも一歩及ばなかった。あくなき革新への歩みのなかで時代は確実に変化を求めていた。デュパイエ、ロイテマン、シェクターの登場、そしてマールボロがスポンサーとして初めてGPに参入した年でもあった。

完全日本語版/53min./片面1層/NTSC/COLOR/MPEG2/スタンダード4:3/MONO/DVD

関連商品

ページトップへ